A様ご家族

A様ご家族
団らんも、家事も、プライベートも、1フロアで快適に過ごせる平屋造り

延床面積 99.47m2(30.0坪)
敷地面積 327.30m2(99.0坪)
家族構成 夫婦+子ども1人
竣工年月 2016年11月

■間取り図

リビングを吹抜けの勾配天井にすることで開放感を高めたLDK。勾配部分には丸窓を2つ設けており、タタミコーナーのあるリビングはもちろん、キッチンにまで柔らかな陽光が届く。家族のライフスタイルに合わせた東向きのリビング・ダイニングでは、朝日を浴びて朝食を楽しめる

家族好みのコーディネートを楽しめる白い壁の一面に、身長を計れるクロスを貼って、子どもの成長を見守るAさんご家族。テレビ台は敢えて置かず、タレ壁部分に壁掛け式のテレビを設置している

寝転んだり、宿題をしたり、テレビを見たり。リビングの一角に、い草の香りと感触が心地よい小上がりのタタミコーナーを設置

 

畳をあげると掘りごたつが登場。この場所は、語らいや休息の場として、ほっこり過ごせる家族みんなの憩いスペース。下部は引き出し式の収納スペースとして、空間を無駄なく活用している

5畳の納戸は夫の「好き」を凝縮した趣味の小部屋。コレクションを飾るためぐるっと配置した棚には、製材所にオーダーした小国杉を用いている

この日は、夫手作りのウッドデッキでバーベキュー!リビングの延長として使えるアウトドア空間が、暮らしの楽しみを広げてくれる

将来のメンテナンスに配慮して外壁は総タイル貼り、屋根には陶器瓦を採用。ランダムに配した丸窓は、京都で出会った、ある寺院の本堂をイメージしたものだという

 

 

 

お客様の声

外が暑くても室内は涼しくて、夏が来る前に高気密・高断熱の性能を実感

注文住宅を建てるにあたって、まず行動に移したのが、家族の希望をカタチにした間取りをCADで自作すること。「玄関の位置、必要な居室、ウッドデッキを囲むように配置したLDKなど、こんな間取りにしたいっていうカタチは決まっていたものの、どうしても埋まらない空間があって。それを見事に解決してくれたのが新日本ホームズ。その図面を見た瞬間に『ココだ!』って思いました」。まさに思い描いた通りの間取りを提示され、即決で同社に家づくりを依頼したYさんご家族。廊下面積を抑え、豊富な収納やニッチを確保しつつ、子ども達を見守れる一体感のある空間設計や快適な家事動線も叶えたプランニングは、注文住宅において豊富な実績をもつ同社の腕の見せどころ。「キッチンは使いやすいし、収納も余裕たっぷり。豊富なニッチに大好きな小物を飾るのも楽しみのひとつに!プロの提案力と私たち家族に対する親身な姿勢が伝わってくる家づくりでした」と、この家で一番長い時間を過ごすママも大満足の様子。建物本体の性能面においても「外が暑くても室内は涼しくて、夏が来る前に高気密・高断熱の性能を実感できました」と住み心地の良さを実感していた。